So-net無料ブログ作成

パスタキャップ|売れ筋ランキング

使いかけのパスタの保存方法に困っていませんか?

開封して余ったパスタを袋のまま自立させながら保存できるすfぐれもののパスタキャップというものがあるんです。
これを使うと、袋のまま手軽に保存でき、しかもパスタキャップに1人前(100グラム)と1.5人前(150グラム)が計量できるふたがついているので、使うときもとっても便利なんです。

ひとつで、保存から計量までできる優れ物です。
コンパクトなので、使わない時も、収納に場所をとりません。

パスタキャップを購入される際は、Amazon.co.jpをご覧ください。
Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。

開封して余ったパスタを袋に入れたまま、自立させながら保存できる便利なグッズがパスタキャップです。
使い方も簡単、500g入り袋の内側にキャップをはめ込み、袋の外側からホールドベルトを巻きつけ、その両端にあるロックを掛ければ取り付け完了です。
パスタキャップは、そのまま自立するので、省スペースで収納できます。

また、パスタキャップには1人前と1.5人前が計量できる2つのふたが付いているので、保存から計量までこれ1つでOKです。
パッケージを飾りながら見せて収納できるし、パスタキャップはイタリアンカラーのおしゃれな色が揃っているので、キッチンを明るく彩ってくれますよ。

密封性が気になる方もいらっしゃると思いますが、ベルトをロックして固定するので、高い密封性で湿気やほこりからもパスタをガードしてくれます。
パスタの風味を守ってくれるんです。

私は以前パスタを入れる密封容器を使っていたのですが、収納に場所を取ってしまうんですよね。
使いかけのパスタがあるときはまだいいのですが、パスタを保存する必要のない時には、場所をとるのがとっても気になって。
容器を洗って、乾かして保存するのも面倒でした。

でも、パスタキャップなら、コンパクトだし、お手入れも簡単、しかも使う時の計量も考えてあるなんて、とっても便利ですよね。
お値段も手ごろですし、パスタの入っていた袋をそのまま収納に利用するのが、合理的ですよね。

パスタキャップは、計量のときも、使わないパスタを手で触ることもないので、残りのパスタを衛生的に保存することができますね。
私は、よく目分量で量ってしまうので、できあがったら、量が多かったり、足りなかったりしてしまうのですが、このパスタキャップなら、計量が取り出しと同時に出来るので、そんな失敗もなくなりそうですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。